吉本興業 社長会見 全員クビ発言の真相は・・・? | エンジョイトレンディ

吉本興業 社長会見 全員クビ発言の真相は・・・?

トレンド情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

吉本興業の岡本昭彦代表取締役社長

 

吉本興業の岡本昭彦社長(53)が22日、都内で記者会見を開催。一連の騒動について謝罪し、20日に会見をした雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日の会見で明かした「全員クビにする」という“圧力発言”について、「反省しなければいけない」と認めた

19日に契約解消処分となった宮迫と謹慎中の亮が20日の会見で、岡本社長と話し合った際に「テープを回してないだろうな」「会見するならやってもいいけど、全員クビにする」という“圧力発言”があったと明かした。

記者から発言の真意を聞かれた岡本社長は、6月24日の謹慎発表のプレスリリースを作る際に、宮迫、亮、ガリットチュウ・福島善成、レイザーラモン・HGの4人との打ち合わせがスムーズに進まなかったため、会話を進行させるために「僕的には冗談で言った」と釈明。しかし、4人には「全く受け入れられなかった」と話した。

また、4人がミーティングでそれぞれの思いを語り、ミーティングが膠着していたため「反社会的勢力からお金を取られた被害者がおられるということが、そのやり取りを見ていて感じ取れなかった」と、発言に至った理由を説明。「個人バラバラで言うんだったら、勝手にせいと、会見するなら全員クビにするぞ、と。身内の感覚で発言し、相手に思いが伝わらなかったというのは、まったくもって僕の反省しなければならないところ」と語った。

トレンド情報
スポンサーリンク
エンジョイトレンディ

コメント

タイトルとURLをコピーしました