自分の子供のことしか考えない親の滅茶苦茶なクレームがヤバすぎる | エンジョイトレンディ

【炎上】保育園と化す学校!自分の子供のことしか考えない親の滅茶苦茶なクレームがヤバすぎる・・・

トレンド情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

学校が恐れる”わが子ファースト親”の異常行動 – ニコニコニュース

わが子ファースト学校保育園化モンペに関連した画像-02

(以下記事内より一部)

教育・子育てアドバイザーの鳥居りんこ氏は
わが子が何か失敗すれば、そのまま負け組になってしまうと考える親たちは『もっとウチの子に対するケアをして』とささいなことでもクレームを入れるなどして教員を疲弊させている」と指摘。

以下記事では学校に寄せられた保護者からの電話などが紹介。学校取材を長く続けている筆者が分析。

最近、小学校、中学校、高校の「保育園化」の傾向を痛切に感じている。しかもこれは、面倒見のよさを売りにする中高一貫校の人気ぶりと比例している。

「面倒見のよさ」とは、1時間目の前に「0時間目」の授業をしたり、放課後に補習を実施したりして、生徒に学習習慣を身につけさせる指導を指す。この「面倒見のよさ」を曲解する保護者が増殖しているのだ。そのために生じている現象が「保育園化」である。

(中略)

ひとつは、ある中学校で起こった話だ。授業中に勝手に歌い続ける生徒がいるので、教員が注意したところ、その親が学校に猛抗議をしてきた。いわく「好きなことを自由にさせるのがわが家の教育方針! ウチの子には歌う自由と権利がある!」とのことで、担任の教員はほとほと困り果てた。

別の中学校では、ある運動部に入った生徒の親から「目が弱いので、部活中のサングラスの着用許可のお願い」が入ったそうだ。もちろん学校側は快諾。
しかし、その親が「わが子だけが着用しているとイジメの対象になりかねないので、部活メンバー全員のサングラス着用」を要望してきたのだそうだ。

前代未聞の要求に部活顧問は眉をひそめたが、部のキャプテンが「そんなことでイジメを行う人間は私たちの部にはいません」と“一喝”するとその親も黙ったそうだ。

以下、全文を読む

 

トレンド情報
スポンサーリンク
happykoaraをフォローする
スポンサーリンク
エンジョイトレンディ

コメント

タイトルとURLをコピーしました