【閲覧注意】カヌーに乗ったままミイラ化した男が見つかる!ツヤツヤの!遺体に驚愕!・・・ | エンジョイトレンディ

【閲覧注意】カヌーに乗ったままミイラ化した男が見つかる!ツヤツヤの!遺体に驚愕!・・・

スポンサーリンク
オモシロ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

カヌーに乗ったまま死んでしまう。

その残念な様子。

遺体にて発見される。

おそろしや。。。

 

スポンサーリンク

恐ろしい現場

ブラジル・アマゾナス州の州都マナウスはアマゾン熱帯雨林地帯に属し、アマゾン川やその支流でカヤックやキャンプを楽しめるため、アマゾン観光の中心地としても有名である。一方、アマゾン川でのレクリエーションには危険も伴うことを忘れてはならない。このことを理解する上で、現地メディア「Portal CM7」で報じられたニュースが参考になるだろう。

 マナウス西部のマリーナ・ド・ダビで先月14日、身元不明の男性遺体を乗せたカヌーが発見された。腐敗が進行した遺体は、皮膚が黒ずみ、筋肉が分解され、骨と皮だけになっている。アマゾナス軍消防局(CBMAM)からの情報を受け、法医学研究所(IML)が遺体を回収したという。

 カヌー操縦中に急病になったり遭難したりすると、今回発見された遺体のような悲惨な死に方をすることがあるのだ。しかし、危険なのは病気や事故だけではない。2017年9月13日には、アマゾン川をカヌーで下っていた英国人女性、エマ・ケルティさん(43)が行方不明となった。英紙「Mirror」などの報道によると、エマさんはその日の午後10時、マナウスの西約240キロの地点で緊急の無線信号を発信したという。後に、エマさんのカヌーと持ち物は発見されたが、エマさん本人の姿はどこにもなかった。同月19日、ブラジル警察はエマさん殺害容疑で3人を勾留していることを明らかにした。容疑者はギャングのメンバーで、エマさんを射殺して遺体を川に捨て、彼女の携帯電話や現金などを盗んだとされる。

 

オモシロ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
happykoaraをフォローする
スポンサーリンク
エンジョイトレンディ

コメント

タイトルとURLをコピーしました