【速報】加藤浩次&大崎洋会長の会談内容公開! | エンジョイトレンディ

【速報】加藤浩次&大崎洋会長の会談内容公開!吉本興業退社問題の話し合いの結末とは・・・

トレンド情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

吉本興業退社の意向を示していた極楽とんぼ・加藤浩次さんが23日夜に大崎洋会長と会談し、その内容を24日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で報告しました。

加藤浩次さんは番組冒頭で、「こんな事態になってしまっていることをお詫びしたい。こんな騒ぎになってしまったことは本当に申し訳ないと思ってます。」と謝罪の上で、『吉本興業ホールディングス』の大崎洋会長との会談について、加藤さん側はトップの交代を望んでいる一方、大崎会長は「自分の今の体制で、なんとか吉本をこれから変えていきたい」という話をしていたといい、それにあたっての様々な改革案を聞いたとしています。

しかし、加藤浩次さんはこれまで『スッキリ』でも、「現段階の取締役、今の経営陣が代わっていただかないと僕は辞める」という思いを明かしており、大崎洋会長にもそれを伝えて様々な話をしたそうで、20日に行われた雨上がり決死隊・宮迫博之さんとロンドンブーツ1号2号・田村亮さんの会見、22日の岡本昭彦社長による会見を見て、それぞれの主張には食い違いがあるという指摘もしたそうです。

これについて大崎洋会長は「そうか、それはあるか。でもここはこうだからな」などと吉本興業側としての意見を話し、加藤浩次さんは芸人側の意見を語ったものの、「合致点がなかなか見つからなかった」といい、3時間にわたる話し合いは平行線を辿り、最終的に大崎洋会長から「持ち帰らせてくれ」と言われたため、現在も決着は付いておらず「平行線のままということです」と報告しています。

加藤浩次さんが「僕自身の意思は固いんです」と伝えたところ、大崎洋会長は「それは今決めることはできへん」と答え、加藤さんもこれに納得した上で会談は終わり、引き続き話し合いの機会を持ち、今後どうするのかを決めていくようです。

また、加藤浩次さんは会談時の大崎洋会長の様子について「自分が会社を変えるべきなんだという気持ちが強いっていう(印象だった)。ただあの記者会見をそんなに悪いと思っていない。岡本社長がやった会見をそこまで悪いと思っていないのが、ちょっと『ううん?』っていう部分があったんですけど、それは会社側の考え方ということなんで、僕の意見や考え方とはちょっと違っていたということですね。」と語り、今後の話し合いでも自身の意志は変わらないと思うとしながら、「会社としてどういう改革ができるのかっていうのを大崎さんにしっかり聞いてお伝えできればと思っています。としています。

トレンド情報
スポンサーリンク
happykoaraをフォローする
スポンサーリンク
エンジョイトレンディ

コメント

タイトルとURLをコピーしました