松本人志 宮迫爆弾会見後すぐに吉本社長へ直談判 今後の吉本の行方 | エンジョイトレンディ

【松本人志】 宮迫爆弾会見後すぐに吉本社長へ直談判! どうなる今後の吉本行方!?

トレンド情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

特殊詐欺グループとの間に闇営業を行った問題で“事実上の解雇”である契約解消処分となった雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、謹慎中のロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が20日、都内で謝罪会見を開き、涙ながらに吉本興業の“隠蔽(いんぺい)工作”を糾弾した。これを受けてダウンタウン松本人志(55)が事態の収拾を決断。同社の大崎洋会長(65)や岡本昭彦社長(53)と緊急会談を行った。芸能界最大のお笑い帝国は重大な局面を迎えた。

吉本芸人のトップである松本が動いた。この日、テレビ番組の収録を終えて新幹線で大阪から緊急帰京。JR品川駅の改札でスポニチ本紙の直撃に、落ち着いた口調で「会社と話し合ってみますから。ちょっと心痛いですね」と約束した。そのまま吉本興業東京本部に向かい、ダウンタウンの育ての親の大崎会長と元マネジャーでもある岡本社長と約2時間緊急会談を行った。

周囲によると、宮迫らが泣きながら対応した謝罪会見の中継を大阪市内で見たことで決断。「何でこんなことになるのか。大事な芸人を辞めさせてどうするのか、と心を決めたようです」(テレビ局関係者)という。

トレンド情報
スポンサーリンク
happykoaraをフォローする
スポンサーリンク
エンジョイトレンディ

コメント

タイトルとURLをコピーしました