【閲覧注意】不審な郵便物を開いたら、爆発!一瞬で失明する様子がヤバすぎる・・・ | エンジョイトレンディ

【閲覧注意】不審な郵便物を開いたら、爆発!一瞬で失明する様子がヤバすぎる・・・

トレンド情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

郵便物が爆発

郵便物として届けられるものが安全であるとは限らない。差出人不明もしくは虚偽の記載のある郵便物は、開封すると爆発するかもしれない。このような爆弾は「郵便爆弾」「手紙爆弾」と呼ばれ、しばしば犯罪の手法として用いられる。そんな郵便爆弾のハンパない恐ろしさを、海外の動画共有サイト「Liveleak」に公開された動画から紹介しよう。

 監視カメラの映像には、下着姿の老人が正面玄関まで歩いきて、郵便物を取り上げるシーンが映っている。老人のが屋内から出てきて、夫と一緒に郵便物を確認する。そして次の瞬間、夫婦の手許が爆発して煙が立ち込め、妻はその場に倒れてしまった。あまりに唐突な出来事に一瞬何が起きたのかわからなかった夫だが、すぐに我に返ると、助けを求めて玄関の外へと飛び出していった――。

 問題の映像はウクライナ・テルノピリ州で撮影された。被害者はテルノピリ国立経済大学の学長、アンドレイ・クリソヴァティ氏とその妻である。爆発によってアンドレイ氏は左手を吹き飛ばされたが、搬送先の病院で再接合された。一方、顔と体に破片を浴びた妻は失明した。

 報告によると、爆弾には「メメント・モリ(死を忘れるなかれ)」と書かれたメモが添付されていたという。監視カメラには、身長が160~170センチ、年齢が18~25歳の男が郵便爆弾を設置するところが映っていたため、警察はこの人物の行方を追っている。

トレンド情報
スポンサーリンク
エンジョイトレンディ

コメント

タイトルとURLをコピーしました