【閲覧注意】ニシキヘビと少年3人の壮絶な死闘!その結末がヤバすぎる・・・! | エンジョイトレンディ

【閲覧注意】ニシキヘビと少年3人の壮絶な死闘!その結末がヤバすぎる・・・!

オモシロ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ニシキヘビと闘う男。

それは危険な男。

死なないでくれww

 

問題の様子

大型の蛇として知られるニシキヘビは、種によって全長が3~10メートルにも達する。ニシキヘビはその長い胴を使って獲物を締め上げ、殺した後に丸呑みする。人間を襲うことは少ないが、ペット畜を捕食しようとして人間との戦いになることはある。そんな恐ろしい死闘の様子をとらえた映像を海外の動画ブログ「Worldstarhiphop」から紹介しよう。

川を駆けて行く3人の少年たち――。彼らの向かう先には、ニシキヘビが胴体に巻き付いた犬がいた。犬はキャンキャン叫ぶだけで逃れられない。そんな犬を助けるため、少年たちはニシキヘビを攻撃する。最年長の少年が手に持った棒でニシキヘビを叩くと、ニシキヘビは口を開いて威嚇する。他の2人もニシキヘビに木切れなどを投げつける。最年長の少年は、棒で押さえつけたニシキヘビの頭を握り、そのまま引っ張った。すると、ニシキヘビの胴体がほどけ始め、すかさず他の2人も加勢。何とか犬を解放することに成功した。放り投げられたニシキヘビは身をくねらせながら逃げ去った。犬は3人の少年たちに撫でられてホッとしているようだ。

この動画は中国で撮影され、昨年10月にTikTokへ投稿されたものだ。英紙「The Daily Mail」などでも報じられて話題となった。中国では、今回のようにニシキヘビが騒動を起こし、しばしばニュースとなる。同年同月、広西チワン族自治区の首府南寧市にある銀行では、朝礼中に天井からニシキヘビが落下。捕獲されて野生生物保護センターへと送られたという。もちろん、動画と同様に飼い犬がニシキヘビに襲撃され、飼い主が応戦した事例もある。香港で2014年9月16日、40代の女性が、ペットの犬を絞め殺そうとしたニシキヘビを蹴りつけ、犬を救出したというニュースが地元紙などで報じられた。このときのニシキヘビは全長4.5メートルもあったというから恐ろしい。

日本には野生のニシキヘビは存在せず、ペットとして飼われているだけである。ニシキヘビを飼育する場合は、動画のような騒動を起こさないように、細心の注意を払ってもらいたい。
(文=標葉実則)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は戻りください。

オモシロ
スポンサーリンク
エンジョイトレンディ

コメント

タイトルとURLをコピーしました