【速報】エボラ出血熱の疑いがあった埼玉女性の結果がこちら | エンジョイトレンディ

【速報】エボラ出血熱の疑いがあった埼玉女性の結果がこちら・・・対策方法のまとめ。

トレンド情報
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アフリカ中部のコンゴ民主共和国から帰国後、発熱の症状を訴えていた埼玉県内の70代女性について、厚生労働省は4日、国立感染症研究所村山庁舎(東京都武蔵村山市)での血液検査の結果、エボラ出血熱の陰性だったと発表した。エボラウイルスは検出されなかった。

厚労省によると、女性は東京都内の医療機関への入院を続け、健康状態を監視するという。

エボラウイルス病(エボラ出血熱)はエボラウイルスによる感染症です。感染症法では1類の感染症に分類されています。

感染経路

自然界ではコウモリなどの野生動物がエボラウイルスを保有していると考えられますが、人の間では家族内、医療機関内で感染を繰り返すことにより、大きな流行が生じることがあります。
エボラウイルスに感染した動物(コウモリ、霊長類など)や感染した人の体液等(血液、分泌物、吐物・排泄物など)に、皮膚の細かな傷や、眼や口の粘膜等が接触するとウイルスが体内に侵入し、感染します。また、症状が出ている患者の体液等やそれに汚染された物品(シーツ、衣類、医療器具、患者が使用した生活用品など)に傷口や粘膜が触れても感染することがあります。通常は空気感染も起こりません。

症状

2~21日(通常7~10日程度)の潜伏期間の後、全身倦怠感、発熱(38度以上の高熱)、頭痛、筋肉痛、のどの痛みなどの症状で始まります。続いて、嘔吐や下痢などの消化器症状、次いで内臓機能の低下がみられます。
下痢は水様で、しばしば多量になることがあります。重症患者では1日に10リットルを超えることもあり、コレラに類似した症状となります。出血症状は、以前考えられていたよりもまれなため、最近はエボラ出血熱ではなく、エボラウイルス病(EVD)と言われます。エボラウイルス病の致死率はエボラウイルスの種類と患者に提供される医療のレベルによって、25~90%の範囲で変化しますが、概ね50%程度です。

トレンド情報
スポンサーリンク
happykoaraをフォローする
スポンサーリンク
エンジョイトレンディ

コメント

タイトルとURLをコピーしました