【衝撃】ダイバーが発見した骨の髄まで感じる恐ろしいものがこちら | エンジョイトレンディ

【衝撃】ダイバーが発見した骨の髄まで感じる恐ろしいものがこちら・・・

スポンサーリンク
オモシロ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

海底にはたくさんの痕跡がある。 長い年月に渡って、文明や戦争の跡地やゴミが海底に蓄積してしまい、勇気のある冒険家でもそばによる事が困難である。 海圧や地上の溝よりも遥かに厳しい海溝など、環境がもたらす危険: ちょっと遠回りしてワイルドなダイバーが取った海中の美しい写真を見てみよう。

難船USSサラトガ号

 

太平洋、最初はビキニ環礁といい50年代アメリカ陸軍の有名な基地がある場所だ。ここにUSSサラトガ号という海軍空母があり、最も大きい三隻の一隻で、90機まで納庫できる。 真珠湾攻撃後は、戦艦は昭和21年7月21日以来核実験が行われている諸島に廃艦された。

現在は、鉄で出来たこの素晴らしい自然界の中の墓場が観賞できる。 今はUSSサラトガ号も完全に珊瑚でおおわれている。 サンゴ礁は船の一番ちぐはぐな部分に生殖している: 弾薬や、推進軸の部分に… 目の前にあるこの偉大な自然を漠然と受け止めるのは難しい。

Nohoch nah Chich洞窟メキシコ

別の海、違う箇所: メキシコがもてなす特別な洞窟。

南西メキシコのキンターナ ロー州にあるNohoch nah Chichは世界で最も大きい水中洞窟で、長さはおよそ40から67キロに及ぶ。 この国はActun Bag川など地上で最も大きな地下河川が3河川ある。

トリップアドバイザーに画像特集が記載された

場所の詳細を記す地図の作成に15年間もかかった理由は屋根がくずれてトンネルに立ち入りできなかったからである。 探検旅行の際たびたび訪れるのは、幻覚的な神秘さのあるトレンチが迷路の様に集合しているからです! “ブルーアヴィス”という最大の空洞にふさわしい名前で、72メートルの深さになる。 この彫刻の様な、石筍は、高さ9メートルのものまである。

地下で撮った画像を見ると完全に明確である。 生物の生態から緑藻がないことで澄み切った水とくっきりした視界が保てる: スキューバをしている人が空中に浮いている様だ!

ダイバーがホオジロザメと面と向かう機会が出来てしまう

閉所恐怖症のあなたには、スリル満点の別の個所がメキシコ海岸にある。 グアダルーペ島外に、ダイバーが獲物と面と向き合ってしまえる場所だ。 防護も身にまとわずパトリック マッセ ラサゲット監督がホオジロザメの動画を収めた映画”巨人のレクイエム”が平成23年に公開された(スピルバーグ監督のゴムのオモチャではなく、本当のサメが)。

世界のこの辺りでは、八月から十月までこの生き物に合う事は稀ではく、結構耳にする。 平成13年以来、旅行者を楽しませるため船でサメの脱尾をしている。 メキシコだけがダイバーの行先ではない。 南アフリカやオーストラリアなどの地域にもこの闇の生き物は生存する。

オモシロ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
happykoaraをフォローする
スポンサーリンク
エンジョイトレンディ

コメント

タイトルとURLをコピーしました